献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • 乾燥肌
  • シミ
  • しわ

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンB1をたっぷり含んだ【乾燥肌対策】レシピです♪

ビタミンB1は、糖質を分解し、エネルギーに変える働きをサポートしている栄養素です。

エネルギーの不足は、新陳代謝の低下を招き、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)のサイクルが乱れる原因となります。

ターンオーバーが乱れると、肌には古い肌細胞が多くなります。

肌の一番上にある層の役割は、肌の水分を保つことです。

新しい肌細胞は、隙間なくキレイに並んでいます。
そのため、肌の一番上の層が新しい肌細胞で構成されていると、肌の水分はしっかり保たれます。
しかし、古い肌細胞で構成されていると、肌の一番上の層に隙間ができるため、肌の水分を保つ働きが低下するのです。

ボールの中に水が入っているところを想像してみてください。
この水をボールの中にとどめておくためにフタをします。

一方は、『隙間なく閉じられるフタ』、もう一方は、ザルのように『隙間の開いたフタ』です。

どちらのフタがボールの中に水をとどめておけるかは一目瞭然ですね(^^)
そう、『隙間なく閉じられるフタ』です。

ここで言う『隙間なく閉じられるフタ』は新しい肌細胞で、『隙間の開いたフタ』は古い肌細胞のことです。

『隙間の開いたフタ』に入っているボールの水には、逃げ道がたくさんあるので、どんどん蒸発していきます。

このように、古い肌細胞で構成されると、水分が蒸発しやすく、乾燥しやすい肌になってしまうのです(>n<;)

ですので、乾燥肌対策を行なうために、本日のレシピでエネルギー生産に必要なビタミンB1をたっぷり摂取していきましょう☆彡

本日使用した食材では、マイタケと豚肉に多く含まれていますよ(○´ω`)ノ

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 498 kcal( 26 %)
タンパク質 20 g( 28 %) ビタミンB1 0.65 mg( 65 %)
脂質 16.5 g( 36 %) ビタミンB2 0.31 mg( 28 %)
炭水化物 65.1 g( 22 %) ビタミンB6 0.56 mg( 56 %)
カリウム 836 mg( 46 %) ビタミンB12 0.2 mg( 11 %)
亜鉛 2.6 mg( 37 %) ビタミンC 72 mg( 90 %)
1.3 mg( 17 %) 食物繊維 5.4 g( 30 %)
ビタミンA 192 μg( 43 %) 食塩相当量 3.1 g( 34 %)
ビタミンE 2.3 mg( 28 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日は、汁物で使用した旬のダイコンについてのお話です(^^)

■ダイコンに多く含まれている栄養素
・カリウム
余分な水分を体外へ排出する働きがあるので、むくみの改善が期待されます。

・ビタミンC
コラーゲンを作るときに必要な栄養素です。
また、抗酸化作用があり、肌のシミやシワを予防します。
しかし、水に溶けやすい性質があるので、汁ごと食べられる汁物に適した食材です。

その他にも、栄養素ではないのですが、辛み成分の『イソチオシアネート』が含まれています。『イソチオシアネート』には、血液をサラサラにする働きがあります。

栄養素は、血液によって運ばれています。
そのため、血液の流れを良くすると、キレイ肌に必要な栄養素を肌細胞の隅々にまで届けられます(*´ー`)

さらに、『イソチオシアネート』には、免疫細胞を増やして、体の免疫力を上げる働きもあります。なので、風邪を引きやすいこの時季には、ピッタリの食材です。

肌や身体にとって必要な栄養素を含んだ旬のダイコンを、本日のレシピでお楽しみくださいね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

キュウリと黒胡椒って意外な組み合わせだったのですが、すごく合っていておいしかったです。普段キュウリをほとんど買わないのですが、この副菜は家でも食べたいと思いました。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

副菜は塩味が効いていて、ブラックペッパーがかかっていたけど、ご飯にあいました!新しいご飯のお供を見つけましたね!

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

スープにはピーマンがたっぷり入っており、「苦味があるのかな?」と思いながら食べましたが、全く苦味はなかったです。このスープだったら、ピーマン嫌いの家族も食べられそうだと思いました。
副菜は、ブラックペッパーの辛味とパプリカの甘みのバランスが良く、食べやすかったです。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

今日のレシピは全体的にスパイシーでした。スープにピーマン。あまり食べたことがないような組み合わせですね。・・・・自分では汁物に入れたことなかったです。苦味はなく、甘みだけが残り、「合うな!」と思いました。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

チリ煮の味付け、しっかりとしていましたね。ご飯を混ぜて、リゾットにしたいなと思いました。お皿に盛られた状態でもスープが多くて、スプーンですくっていただきたいとウズウズしました。お肉が大きめでしたが、リゾットにするなら、豚挽き肉でもよさそうですね。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

副菜は、少しアクセントをきかせるためにブラックペッパーを使用しました。その他の調味料は塩、オリーブオイルだけですので、すぐに作ることができます。ブラックペッパーを使用することで塩の量を減らすことができますよ♪
また、本日の味付けは、サラダに合いそうな食材であれば、どれでもおいしく食べられますので、ぜひご活用くださいね。
下田さん、キュウリをもっと試してみたいと思っていただけるメニューとなって嬉しいです(*^^*)
古市さん、ご飯の良いお供となって、良かったです。

主菜は、豚肉の旨味がたっぷり詰まったチリ煮でした。辛味が苦手な方は、トウバンジャンの量を控えてくださいね。
濱谷さん、豚挽肉でもおいしそうですね(*´ー`)たっぷりのチーズでリゾットを食べたいところです。

汁物には、初めてピーマンを使用してみました。「苦味があるし、汁物に使うのはどうかなぁ…」と敬遠していました。しかし、自宅で作ってみると、苦味はさほど感じなかったので、今回の使用に踏み切ったという訳です。
なので、高橋さんや平山さんも同じように感じていたので安心しましたm(_ _)m

 


ページトップへ