献立

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、食物繊維をたくさん含んだ【肌荒れ対策】レシピです♪

食物繊維は、腸内環境を整える栄養素です。

腸内環境が乱れていると、腸内の老廃物は排出されにくくなります。


すると、腸内細菌の悪玉菌が増加。
悪玉菌は、老廃物に働きかけることで腸内に毒素を発生させますΣ(゚д゚lll)

この毒素が老廃物とともに体外へ排出されれば、何の問題もありません。
しかし、腸は栄養素などを吸収する場所にあたるため、栄養素と一緒に毒素も体内に吸収されてしまうのです。

毒素が吸収されると、肌細胞には、栄養素と一緒に毒素も運ばれます。
その結果、肌のターンオーバーがスムーズに行えず、肌が乾燥したり、ニキビができやすくなったりします。

このように、便秘は、肌のトラブルの原因につながるのです。

ですので、本日のレシピで食物繊維を摂取して、肌荒れ対策を行ってくださいね☆彡

本日使用した食材では、オクラ、シメジ、ヒジキに食物繊維が多く含まれていますよ♪(´ε` )

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 516 kcal( 27 %)
タンパク質 24 g( 34 %) ビタミンB1 0.2 mg( 22 %)
脂質 15.5 g( 34 %) ビタミンB2 0.2 mg( 20 %)
炭水化物 67.8 g( 23 %) ビタミンB6 0.5 mg( 49 %)
カリウム 858 mg( 48 %) ビタミンB12 0.8 mg( 42 %)
亜鉛 2.1 mg( 31 %) ビタミンC 28 mg( 35 %)
2.8 mg( 37 %) 食物繊維 6 g( 33 %)
ビタミンA 206 μg( 46 %) 食塩相当量 2.5 g( 28 %)
ビタミンE 1 mg( 12 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

前回の日記で、7人制のサッカーの試合を行って、鼻と頬が赤くなるほどの日焼けをしたお話をしました。

本日は、その後のケアについてのお話をしたいと思います。

(そのときのお話はコチラ)

日焼けは、肌で軽い火傷が起きている状態なので、肌の水分量も減っています。

そのため、日焼け後のケアとして、肌に水分をたっぷり与えることが大切です。

帰宅後、洗顔を終わらせてすぐに、保湿力の高いアクアテクトゲルを赤くなっている部分にたっぷりとぬりました。

ゲル状なので肌にとどまり、じっくりと水分を与えていくのでオススメです( ´ ▽ ` )ノ

そして、その後も同じようにケアをしたことで、赤みもひいたあとに肌が黒くならずにすみました。

紫外線対策をしっかりと行うのが一番良いのですが、赤く日焼けしてしまった後は、肌に水分をたっぷり与えるようにしてくださいね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

キャベツとじゃがいものお味噌汁は、お味噌汁だけでも十分なおかずになるくらい具がたっぷり入っていて、食べ応えがありました。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

お味噌汁の味が濃かったです!いつもと違うお味噌ですか?キャベツがたくさん入っていて嬉しかったです。具だくさんのお味噌汁はテンションがありますね。ひじきの副菜はネバーっとしていました。ネバネバの元はなんだったのでしょうか・・・

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

にんじんが硬すぎず、食感は残っている絶妙の硬さでした。たまねぎの甘みもトリのうまみもおいしくいただきました。数日自炊することが多かったのですが、自分の味に飽きてきていました。喜屋武さんの煮物のおいしさに改めて感動しました。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

本日の主菜は鶏すきでした。すき焼きのタレで鶏肉を煮込みました。鶏ムネ肉を使用しているのですが、酒をもむもみこむことで、硬くなることを防げます。すき焼き用の鍋をお持ちであれば、そちらをお使いいただきたいのですが、ない場合は、フライパンでも十分作ることができますよ。
濱谷さん、感動するくらい喜んでいただけて、私も嬉しいです(^^)和食の煮物のレパートリーはあまりないので、もっといろいろなものに挑戦してみますね。

副菜は、食物繊維の多い食材を使用した和え物でした。味付けもお手軽ですので、あと一品欲しいときにお役立てくださいね。
平山さん、副菜のネバーっとしたものは、オクラのネバネバです。ひじきと和え物になることがないので、不思議な食感だったと思います。決して腐っているわけではないので、ご安心くださいm(_ _)m

 


ページトップへ