献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • 脂性肌

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンCをたっぷり含んだ【脂性肌対策】レシピです♪

ビタミンCには、ストレスを緩和させる働きがあり、脂性肌対策を行なう上で重要な働きをしています。

その理由を簡単に説明しますね(^^)

脂性肌は、皮脂が過剰に分泌されている状態です。

人はストレスを感じると、交感神経と副交感神経のバランスが乱れます。
すると、男性ホルモンの働きが活発になります。

男性ホルモンは、皮脂の分泌を促すので、働きが活発になると皮脂の過剰分泌につながってしまいます。

そのため、ビタミンCを摂取することでストレスを緩和させ、男性ホルモンの働きによる皮脂の過剰な分泌を予防していきましょう☆彡

本日使用した食材では、コマツナとキャベツにビタミンCが多く含まれていますよ(^ω^)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 525 kcal( 28 %)
タンパク質 22.3 g( 31 %) ビタミンB1 0.63 mg( 63 %)
脂質 18.2 g( 40 %) ビタミンB2 0.42 mg( 38 %)
炭水化物 66.1 g( 22 %) ビタミンB6 0.43 mg( 43 %)
カリウム 982 mg( 55 %) ビタミンB12 1.2 mg( 59 %)
亜鉛 3.4 mg( 49 %) ビタミンC 30 mg( 38 %)
2.7 mg( 36 %) 食物繊維 5.6 g( 31 %)
ビタミンA 273 μg( 61 %) 食塩相当量 3.1 g( 35 %)
ビタミンE 1.6 mg( 20 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

先日、私はお互い走ることが趣味のスタッフの古市と一緒に『スイーツマラソン』に参加してきました(^^)/

スイーツマラソンとは、給水所の代わりに、スイーツがたくさん置いてあり、(給水所ももちろんあります。)走っている途中でスイーツ食べまくるというイベントです。

写真は、お菓子が置かれている様子です。
↓↓

お菓子が置かれている様子

食いしん坊ランナーの私には、まさに、うってつけのイベントでした ( ̄▽ ̄)

ちなみに、『マラソン』となっていますが、個人での参加は10kmのランニングです。
42.195kmを走ってスイーツを食べるわけではありませんσ(・・;)
(グループでの参加の方は42.195kmを交代で走っていまいた。)

私は普段、普通のランニングウェアで走るのですが、古市は、いつもいろいろな仮装をしてマラソン大会に参加しています。

そのため、今回のマラソンも「仮装して走ろう!」と言うこととなり、ビキニを着ているように見えるTシャツ(古市)と白雪姫(喜屋武)の格好で走ってきました♪

コチラは、大阪城をバックに、意気揚々とピースをしている私たちの写真です。
↓↓

大阪城をバックに、意気揚々とピースをしている私たち

写真をよーーーく見ていただけると分かるとおり、白雪姫の私は、まぶたに目を描いているんです(笑)

なので、私が瞳を閉じると、笑い声が聞こえてきました。
みんなを笑顔にできて、私も幸せです(´ー`*)

そして、肝心なマラソンの結果はといいますと……

古市も私も無事に制限時間内に完走できました(○´∀`)ノ

小さいお子さんからも「白雪姫がんばれー」と沿道から応援をいただき、とても楽しく走れました!

けれど、完走したときには、2人ともスイーツを食べ過ぎて満腹でした(笑)

来年も制限時間内にスイーツをたくさん食べれるように、ランニングの練習をしていこうと思います☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

ニラ味噌焼き?おいしかったです。最初、鶏肉なのかお魚なのかハンバーグなのか分からなかったのですが(笑)食べたらジューシーな豚肉でした。ワカメたっぷりのスープは塩加減?が絶妙で、ほっとする味でした。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

見た目はニラ味噌の味が濃いのかな?とかまえてしまいましたが、食べるとそんなに味も濃くなくて、おいしくいただくことができました。ニラじゃなくて、ねぎでもぜひ食べてみたい料理です。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

主菜のお肉の上に乗ったソースは、お肉と食べてもよく合っていましたが、敷いていた野菜とも相性抜群でした。独特の香りは苦手ですが、今日のように、しっかりと味付けされたソースであれば、自分でも作ってみたいと思いました。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

副菜は出汁にツナのうま味がじゅわーと染み出していて、キャベツがさらにおいしい野菜になっていました。やさしい味つけに、ほっこりとした気持ちになりました。主菜の味噌ソースは甘みがあってまた違ったおいしさがありました。味噌炒めはよくいただくけど、味噌ソースは珍しいですね。また食べたいです!

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

今日のお肉は鶏肉と思い、食べ進んでしまいました。何でそんな風に思ったのかな?と考えると、豚肉がプリプリとした弾力と、ジューシーさを兼ね備えていたからだと思います。豚肉によくあるパサつきがなかったように思います。料理方法のなせるわざなのでしょうか?

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

主菜は、豚肉にニラと味噌の合わせ調味料をのせて焼きました。グリルやオーブンで焼くことで少し香ばしく仕上がります(^^)
下田さん、豚肉の上が合わせ調味料で覆われていたので、何が使用されていたのか謎のベールに包まれていましたね。おいしく召し上がっていただき良かったです(^^)
古市さん、ネギでもおいしいものができあがりそうですね!今度、お昼に提供しますね。
高橋さん、野菜は豚肉と同じ合わせ調味料で味付けをしているので、相性が抜群だったんだと思います。本日は豚肉を使用しましたが、魚でも鶏肉でも美味しく仕上がりますので、ぜひお試しください!
濱谷さん、豚肉をじっくり焼いていたので、ジューシーだったのかもしれません。水分をあまり蒸発させないことがプリプリの鶏肉や豚肉を作る秘訣です♪

副菜は、ツナの旨味を利用した煮物でした。薄味の煮物にツナを使用すると、一気に旨味がひきたちますよ。いつもの煮物に飽きてきたなぁと思ったら、一度ツナを入れて作ってみてくださいね。

 


ページトップへ