献立

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンAを豊富に含んだ【しわ対策】レシピです♪

しわには、いろいろな種類があります。
例えば、乾燥によるしわやそれ以外のしわ、短時間でできるしわや時間がかかってできるしわなどです。

本日は、乾燥によるしわにスポットライトを当ててお話をします(^^)

肌がカサカサと乾燥すると、肌細胞と肌細胞の間の溝は深くなります。

その溝が浅いうちは、あまり気になりません。
しかし、肌がどんどん乾燥して溝が深くなると、段々とその溝が気になる存在へと変わっていきます。

そのため、溝が深くならないように、肌の乾燥を予防することが大切です。

ビタミンAには、皮膚や粘膜の潤いを維持したり、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)を促進したりする働きがあります。

本日のレシピでしっかりビタミンAを摂取して、乾燥によるしわを防いでいきましょうね☆彡

本日使用した食材では、ニンジン、コマツナ、カボチャにビタミンAが多く含まれていますよ(^ω^)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 483 kcal( 25 %)
タンパク質 20 g( 28 %) ビタミンB1 0.2 mg( 16 %)
脂質 14.4 g( 31 %) ビタミンB2 0.3 mg( 24 %)
炭水化物 66.7 g( 22 %) ビタミンB6 0.4 mg( 40 %)
カリウム 689 mg( 38 %) ビタミンB12 1.4 mg( 70 %)
亜鉛 5.4 mg( 77 %) ビタミンC 34.8 mg( 44 %)
2.1 mg( 28 %) 食物繊維 4.6 g( 26 %)
ビタミンA 304 μg( 68 %) 食塩相当量 2.1 g( 30 %)
ビタミンE 2.1 mg( 26 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

トウガンのあんかけはやさしい味でした。牛肉の主菜は食べ応えがあって、満足感がありました。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

副菜がとてもやさしい味でした。ユズコショウを入れて、ピリリとした刺激で食べてもおいしそうですね。唐辛子でもおいしいかな。

瀧本悠夏スキンケアアドバイザー
瀧本悠夏

副菜に入っていたカニカマの塩気がちょうど良かったです。餡と冬瓜がとろとろとしており、とっても美味しくいただきました。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

副菜は、カニカマを使用することで魚の風味を足し、やさしい味に仕上げました。煮るとトロトロの食感になるトウガンも煮物と相性がぴったり!また、トウガンは冷凍保存できるので、とても重宝しますよ。冷凍保存するときは、軽く下ゆでをして荒熱をとってからにしてくださいね。
平山さん、ユズの風味や少しの刺激を加えてもおいしそうですね(^^)別のあんかけを作るときに試してみます♪

主菜は、春雨を入れて食べ応えをだしたプルコギ炒めでした。牛肉は薄切りのものを使用すると味がなじみやすく、量も多く感じるのでおすすめですよ。

 


ページトップへ