献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • ニキビ

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、食物繊維を多く含んだ『ニキビ対策』レシピです♪

食物繊維には、腸の調子を整える働きがあります。

腸は、栄養素を吸収する大切な場所です。

肌細胞に必要な栄養素も、腸から吸収されています。

しかし、腸内環境が悪くなり、腐敗物やガスが増えると、
腸は栄養素だけではなく、これらの不要なものも体内に吸収します。

そして、不要なものが肌細胞へ運ばれていくと、
肌のバリア機能は弱くなり、ニキビができてしまうのです(´Д`)

そのため、本日のレシピで食物繊維をしっかり摂取して、
ニキビの予防をおこなっていきましょう☆彡

本日使用した食材で食物繊維が多いものは、
キャベツ、ニンジン、シメジ、ゴボウですよヾ(・v・●)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 474 kcal( 25 %)
タンパク質 23 g( 32 %) ビタミンB1 0.84 mg( 84 %)
脂質 9.8 g( 21 %) ビタミンB2 0.31 mg( 28 %)
炭水化物 71.9 g( 24 %) ビタミンB6 0.52 mg( 52 %)
カリウム 987 mg( 55 %) ビタミンB12 0.2 mg( 11 %)
亜鉛 3.1 mg( 44 %) ビタミンC 37 mg( 47 %)
2.4 mg( 32 %) 食物繊維 5.4 g( 30 %)
ビタミンA 196 μg( 44 %) 食塩相当量 2.4 g( 27 %)
ビタミンE 1.3 mg( 16 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日は、食堂で育てているアボカドのお話です♪
(前回のアボカドのお話はコチラ)

ずっと変化がなかったアボカドだったのですが、
根っこがニョキニョキ伸び、芽が出てきましたヾ(´∀`)ノ”
↓↓(根と芽が出たアボカドの種の写真)

根と芽が出たアボカドの種

食堂の室温が上がってきたので、
急激にグイグイと成長を始めました!!

そして、下の写真をご覧いただくと分かるのですが、
実は、新しい仲間がたくさん増えました(笑)
↓↓

新しい仲間がたくさん増えました

これだけあれば、ひとつくらいは立派な芽が出るだろうと、
スタッフの濱谷がおうちから持ってきてくれました(^^)

まさに、下手な鉄砲も数撃てば当たる作戦です(笑)

発芽して植木にすると、枯れやすいみたいですが、
頑張って育てて、実をつけてくれたらいいなぁと思っています☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

主菜は、バルサミコ酢の酸味はあまり強くなく、甘みがあって、好きな味付けでした。我が家のバルサミコ酢は、喜屋武さんに教えていただいたバルサミコソースを作るためだけにあるので、今日のメニューなど、他の料理にも使っていきたいと思います。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

豆乳のやさしい味付けに「ほっ」としました。今日のセロリはいつもにないくらい繊維を感じました。切り方?火を入れる時間?なんでだろう。バスサミコ酢の炒め物は、今日もおいしかったです。ごちそうさまでした。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

副菜のセロリに、びっくりしました。セロリの辛味があまりきつくなく、でも印象的でおいしかったです。素朴な疑問なのですが、セロリも大根のように、根元と葉先で味わいが変わったりしますか?

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

主菜の味つけのポイントは、豚肉を炒めるときにバルサミコ酢ベースのタレで下味をつけることです。そうすると、お肉に味がしっかりついているので全体の味がはっきりするとともに、バルサミコ酢を熱することで酸味が飛び、食べやすくなります。
バルサミコ酢ベースのタレは、冷蔵庫で保存できるので、少し多く作っておいてドレッシングとしても使用してくださいね♪

副菜のセロリは、豆乳で煮ることで、味をマイルドに仕上げました。『ほっ』とした味になってよかったです(^^)
平山さん、本日のセロリは、煮ている時間が短いので、繊維を感じたのかもしれないですね。
もしくは、繊維が多いセロリだったのかもしれないです(^^;)
濱谷さん、セロリは、葉先のほうが香りが強めです。そのため、葉先はスープに、根元はサラダに向いていますよ。

 


ページトップへ