献立

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンB2とビタミンB6をたくさん含んだ『ニキビ対策』レシピです♪

赤くはれたニキビは、アクネ菌が肌で炎症を起こしている状態です。

そのため、ニキビを予防するためには、
アクネ菌の増加を抑えることが大切です(´・n・)ノ

そもそも、アクネ菌は常に肌に存在しているのですが、
皮脂が過剰に分泌されると増加していきます。

では、どのように増加して、
赤くはれたニキビになっていくのかについて説明をしていきますね。

■アクネ菌が増加し、ニキビになるまで

・皮脂が過剰に分泌される。
↓↓
・皮脂は、アクネ菌のエサとなり、アクネ菌が繁殖していく。
↓↓
・アクネ菌は、脂肪酸をたくさん生産し、肌の炎症を招く。
↓↓
・赤くはれたニキビを作る。

以上のことが、赤くはれたニキビになるまでの過程です。

本日のレシピに多く含まれているビタミンB2とビタミンB6は、
脂質の分解をサポートし、皮脂の過剰分泌をおさえる働きがあります。

そのため、アクネ菌の増加を予防するために、
本日のレシピでこれらの栄養素を摂取してくださいね☆彡

本日使用した食材では、
ビタミンB2:アジ、ホウレンソウ、シメジ、エノキ、アスパラ
ビタミンB6:アジ、タマネギ、ピーマン、ホウレンソウ、キャベツに多く含まれていますよ(●・v・)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 441 kcal( 23 %)
タンパク質 23.8 g( 34 %) ビタミンB1 0.3 mg( 30 %)
脂質 6.8 g( 15 %) ビタミンB2 0.38 mg( 34 %)
炭水化物 72.1 g( 24 %) ビタミンB6 0.58 mg( 58 %)
カリウム 1117 mg( 62 %) ビタミンB12 1 mg( 48 %)
亜鉛 2.2 mg( 31 %) ビタミンC 39 mg( 48 %)
2.4 mg( 32 %) 食物繊維 6.4 g( 36 %)
ビタミンA 229 μg( 51 %) 食塩相当量 3.3 g( 38 %)
ビタミンE 2.2 mg( 28 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日は、主菜で使用した旬の『アジ』についてのお話をします♪

アジには、体に必要なアミノ酸がバランスよく含まれています。

さまざまな種類のアミノ酸がたくさん集まって『たんぱく質』となるので、
アミノ酸は、キレイ肌を作るために重要な鍵を握っています(・ω・´)

アミノ酸がバランスよく含まれているということは、
体内で効率よく利用できるということです。

そのため、体に必要なアミノ酸のバランスがよいことは、
肌にとっても大切なことなのです(*^ω^)

また、アジは他の魚と比べてカリウムを多く含んでいます。

カリウムは、体内の余分な水分を体外へ排出する働きがあるので、
むくみが気になる方に摂取していただきたい栄養素です。

これらの栄養素を体に補うためにも、
今が旬のアジを本日のレシピでお楽しみくださいね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

アスパラが太かったけど、繊維感がなくてやわらかくおいしかったです。具沢山のスープは、汁物としてだけでなく、立派なおかずですね。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

ネギと見間違うほどの太いアスパラが、お味噌汁に入っていて、美味しかったです。あれくらいの太さだと繊維が気になりそうなものですが、、、、主菜のアジの照り焼きは、お子様から大人まで、大好きな味だと思います!!魚が苦手な人にもおすすめなレシピですね。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

喜屋武さんにおねだりをしたアスパラのお味噌汁。想像していた以上に楽しめました!熱が加わりアスパラはトロトロになっていましたね。初めて食べましたが、なんで今まで味噌汁の具にしなかったんだろう?と疑問に思うくらい違和感なくいただけました^^

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

アスパラの先の部分の食感が良かったです。茎の部分ももちろんおいしいですが、あの芽の部分があたると、お得な気持ちになりますね!

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

汁物は、平山さんのリクエストでアスパラの味噌汁でした。私個人も味噌汁にアスパラを使うのは初めてだったのですが、柔らかいアスパラの食感がおいしかったですね。アスパラは、太い方がおいしいのですが、根元の部分がかたかったりしますよねσ(^^;)そんなときは、外側をピーラーでむいて使用するとよいですよ(^^)
濱谷さん、アスパラの穂先は1本につき、1つしかないので、自分のところに入っているとラッキーな感じがしますね。
大当たり、おめでとうございますm(_ _)m

主菜は、野菜と魚を一緒に食べてもらおうと思い、魚の味付けを少し濃くしています。そのため、青魚独特の味が緩和され、魚が嫌いな方でも食べやすくなります。また、味が濃い目なので、ご飯の相性もばっちりです。

 


ページトップへ