献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • シミ

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンCをたっぷり含んだ【シミ対策】レシピです♪

それでは、シミに対するビタミンCの働きについて説明をしますね(^^)

シミは、褐色になったメラニン色素が肌にとどまることによって現れます。

メラニン色素は、もともと『チロシン』と呼ばれる無色の物質なのですが、『チロシナーゼ』と呼ばれる酸化酵素に酸化されることによって、褐色のメラニン色素になっていきます(>д<)

ここで力を発揮するのがビタミンCです!

ビタミンCはチロシナーゼの働きを邪魔することで、シミができるのを予防します。

さらに、ビタミンCは、酸化されて褐色となったメラニン色素に働きかけ、できたシミを薄くする働きがあるのです(^ω^)

そのため、本日のレシピでビタミンCを摂取して、シミの対策を行なっていきましょうね☆彡

本日使用した食材では、カボチャとピーマンにビタミンCが多く含まれていますよヾ(・∀・●)

(※本日の食事の写真は、撮影上のバランスを考慮し、御飯茶碗を右側に置いています。)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 498 kcal( 26 %)
タンパク質 25.6 g( 36 %) ビタミンB1 0.33 mg( 33 %)
脂質 13.8 g( 30 %) ビタミンB2 0.37 mg( 34 %)
炭水化物 67.7 g( 23 %) ビタミンB6 0.8 mg( 80 %)
カリウム 1048 mg( 58 %) ビタミンB12 5.5 mg( 276 %)
亜鉛 2 mg( 29 %) ビタミンC 63 mg( 79 %)
2 mg( 27 %) 食物繊維 6.5 g( 36 %)
ビタミンA 305 μg( 68 %) 食塩相当量 3.7 g( 41 %)
ビタミンE 3.2 mg( 40 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

先日、月に一度、農家の方から購入している野菜の中に、渋柿が入っていたというお話をしました(^^)
(野菜のお話はコチラ)

そのため、スタッフの高橋の手を借りて、干し柿を作りました♪

高橋は去年、自宅で干し柿を作っていたので、作業もちょちょいのちょいかと思いきや、事件が勃発しましたっ(゜д゜!!

まず、柿の葉を切り落とす高橋
↓↓(いたって真剣な表情です。)

柿の葉を切り落とす高橋

しかし、次の瞬間…
↓↓(あっ!!)

しかし、次の瞬間…

柿を干すための紐をくくりつける枝まで、もぎ取ってしまいました(笑)
↓↓(なぜか満面の笑みの高橋)

柿を干すための紐をくくりつける枝まで、もぎ取ってしまいました(笑)

とりあえず、枝が取れたこの柿をどうするのかは後で考えるとして、残りの柿の葉を取って皮をむき、紐にくくりました。
↓↓(クルクルと柿の枝に紐をくくりつけている様子です。)

柿を干すための紐をくくりつける枝まで、もぎ取ってしまいました(笑)

さて、枝が取れてしまった柿をどうしようか考えた結果、下の写真のようになりましたσ(´▽`;)
↓↓(楽しそうな高橋。)

枝が取れてしまった柿をどうしようか考えた結果、下の写真のようになりました

柿の実に切込みを入れて、紐をはさんでみました(笑)

これからどんな干し柿が出来上がるのでしょうか。楽しみです☆彡

これからどんな干し柿が出来上がるのでしょうか。楽しみです☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

わさび菜を初めて食べました。最近は、いろいろな葉物の野菜が出ていて面白いですね。新しい食材にチャレンジするのも楽しいなと思いました。例えば、アーティチョークとか、ドリアンとか・・・栄養価が高いといわれている最近流行の食べ物とか・・・

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

焼き野菜は、最初にオリーブオイルとニンニクのソースと絡めて焼くだけなんですね!もっと手が込んでいるかと思ったので、ビックリです。これを応用して、魚とかお肉を焼いてもおいしそうですね^^

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

にんにくの味が利いていて、エリンギが、まるでソーセージを食べているような印象を受けました。お肉を食べている満足感がありました。また、鮭にボリュームがありましたが、にんにくのパンチの効いた副菜のおかげで、最後まで味に飽きることなく、おいしくいただけました。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

主菜は、旬のワサビナを鮭の下にしきました。ワサビナは食感がしっかりしていて少しだけピリっとするので、魚だけではなくて鶏肉や豚肉のグリルとも相性がよさそうです(^^)
また、添えている野菜は、平山さんのコメントにもあるように、にんにくとオリーブで和えて焼いたものです。オーブンよりも、グリルで焼いたほうが焦げ目がつくので、おいしそうに見えますよ。
古市さん、最近は本当に、目新しい野菜が多くなりましたね(^^)私もワサビナは初めて食べました。アーティチョークは、時期は未定ですが調理する予定ですのでお楽しみに(^^)

副菜は、苦味のあるピーマンを食べやすくするために、マリネにしました。炒めて調味料に浸けるだけなので、とっても簡単に作れます。残った野菜を使い切るときも重宝しますので、ぜひお試しくださいね♪

 


ページトップへ