献立

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンB1を豊富に含んだ【しわ対策】レシピです♪

ビタミンB1には、自律神経のバランスを正常に保つ働きがあります。

自律神経のバランスが正常に保たれていると、血液はスムーズに体内を循環します。
すると、肌のハリを作るコラーゲンに必要な栄養素は、たっぷりと肌へ届けられます。

しかし、自律神経のバランスが乱れると、血管が収縮するので、栄養素は肌へ届けられにくくなるのです。

自律神経のバランスが乱れる原因には、以下のようなことが考えられます。
・ストレス
・睡眠不足
・朝晩の温度変化
・運動不足      などです。

このように、自律神経のバランスが乱れる要素は、たくさんあります。

本日のレシピでビタミンB1を積極的に摂取して、自律神経のバランスを整え、コラーゲンを作るために必要な栄養素を肌に届けていきましょう☆彡

本日使用した食材では、エノキ、豚肉にビタミンB群が多く含まれていますよ(^ω^)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 460 kcal( 24 %)
タンパク質 23.1 g( 33 %) ビタミンB1 0.8 mg( 84 %)
脂質 9.8 g( 21 %) ビタミンB2 0.4 mg( 32 %)
炭水化物 69 g( 23 %) ビタミンB6 0.5 mg( 48 %)
カリウム 1043 mg( 16 %) ビタミンB12 0.7 mg( 34 %)
亜鉛 3 mg( 43 %) ビタミンC 24 mg( 30 %)
2.8 mg( 37 %) 食物繊維 5.8 g( 32 %)
ビタミンA 282 μg( 63 %) 食塩相当量 3 g( 33 %)
ビタミンE 1.4 17 34 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

先ほど、キャサリンのスキンケアアドバイスの中で、自律神経についてお話をしました。
さまざまな要因によって、自律神経のバランスが乱れていましたよね。

実は、冷たい飲み物によっても、自律神経は乱れがちになるのです(*д*!!

冷たい飲み物が体内に入ると、胃腸が冷え、血液も冷えることにより、血管が収縮します。
すると、自律神経のうちの交感神経が強く働き、身体は緊張状態となります。

その結果、胃腸の消化吸収の働きが低下して、これからの時季だと夏バテを起こしやすくなります。

また、体を内側から冷やすと、血液の流れが悪くなってしまうのです。
さらに、リンパの流れも悪くなるので、老廃物や余った水分が体外に排出されず、 むくみの原因につながります(>へ<)

このようなことを避けるためにも、暑い時季ではありますが、冷たい飲み物は控えるようにし、常温や温かい飲み物を摂取するようにしてくださいね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

主菜は甘酸っぱい味で「いちごジャムかな?」と思ってしまいました。梅でした。今日は本当に暑くて食欲がなかったのですが、さっぱりした酸味のおかげで食べやすかったです。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

主菜のスープや豚肉がピンク色だな、と思いながらも口に入れて、梅の味付けにびっくりしました!さわやかな味付けがこの時期ピッタリですね。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

さっぱり・すっきりした味のものが暑い日には嬉しいですね。最近、ピクルス、浅漬、もずく酢などなど。酢の物が欠かせなくなってきました!梅煮も取り入れますね^^

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

梅の酸味が豚肉とぴったりでした!ちょっと蒸しっとしてきたので、酸味があるものがおいしいですね。えのきもつるつるおいしくいただけました!

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

本日のレシピは豚肉の梅煮でした。梅を煮物で使用することでサッパリとお召し上がりいただけます。本日は豚肉を使用しましたが、鶏肉や牛肉、魚でもおいしくお召し上がりいただけると思います。ぜひ、いろいろな食材で梅煮を試してみてくださいね。
下田さん、食堂では、梅干ではなくペースト状の梅肉を使用しているので、煮物の食材が全体的にピンクに染まっています。そのため、「いちごジャム」のような印象を受けたのかもしれませんね(^^;)
古市さん、平山さん、濱谷さん、酸味のある食べ物は、この時季にピッタリですね!ジメジメとした日が続いているので、食べ物からサッパリとした気分を味わっていただけると幸いです。

副菜は、めんつゆで作れるお手軽なホウレンソウのおひたしでした。もう一品おかずが欲しいと思ったときにぜひ活用してくださいね♪

 


ページトップへ